About

マッドハッピー(Madhappy)は、ロサンゼルスを拠点とするファッションブランドです。世界をもっと楽観的でポジティブなものに変えるために、アパレル、イベント、そして非日常的な空間を感じてもらうことによりマッドハッピーとしての世界観の追求をしています「ローカルオプティミスト(Local Optimist)」という理念を掲げ、日常生活の中の小さな喜びや幸せを強調し、コミュニティのつながりを深めることを目指しています。メンタルヘルスの問題を抱える人々の生活や精神状態を改善するための経験を共有し、季節ごとのプロダクトで楽観的でポジティブな信念を表現しています。Hailey Bieber(ヘイリー・ビーバー)、Jay-Z (ジェイ・Z)、Kendall Jenner(ケンダル・ジェンナー)、LeBron James (レブロン・ ジェームズ)などが着用しており、感度の高い海外セレブからも熱い支持を得ています。

History

2017年にNoah Raf(ノア・ラフ)と兄のPeiman Raf(ペイマン・ラフ)、高校の友人だったMason Spector(メイソン・スペクター)、そして大学のルームメートであったJoshua Sitt(ジョシュア・シット)らが創業。2019年にはLVMHからの投資を受け急成長した後、Forbes誌により創設者の4人は「世界を変える30歳未満の30人」に選出されました。2023年11月には、ロサンゼルス・ウェストハリウッドのメルローズアベニューに初めての店舗がオープン。店舗内のカフェスペース「PANTRY(パントリー)」では、東京生まれのカフェ「HOTEL DRUGS(ホテルドラッグス)」が監修しており、エスプレッソドリンクを中心としたビバレッジメニューを販売しています。

Our mission

リサイクル素材で作られたシェアバッグを配送に使用することにより環境にも優しい購入体験をお客様に提供します。またシェアバッグをご利用いただいたお客様にはピアサポート団体やメンタルヘルス支援団体への寄付率の選択をしていただくことができます。comveyのシェアバッグについてマッドハッピーはメンタルヘルスに対するネガティブイメージ改善を目指しており、サポートを行う団体や研究等にブランドの売り上げの1%を寄付します。日本でもメンタルヘルスに対する意識向上、研究支援、ポジティブな影響をもたらす取り組みをサポートしています。